最近BF1のワンコインセールが開始されたこともあって、初心者さんが大量に参加してとても賑やかになっています。

ただ初心者さんなら当然なのですが、ゲームのルールを理解していない人が多く、長くBF1を楽しんでいるプレイヤーはイライラしてしまうこともしばしば。

そこで、よりBF1を楽しむ為に、コンクエストで勝つために知っておきたい常識をまとめました。

もちろん自分の好きなようにプレイすればいいですが、勝つための戦術や流れを知れば、もっとBF1が楽しくなりますよ。

きっと役立ちますので、流し読みでもいいので見てみてくださいね。

 

1.コンクエストとはどういうゲームか

「バトルフィールド」シリーズの定番として長く愛されてきたコンクエストは、64人のプレイヤーがマップ中の重要地点の支配をめぐり対戦する大規模ゲームモード。 多数の歩兵とそれを先導する機甲部隊や巨大兵器が戦場で激突し、「バトルフィールド」の誇る全面戦争を余すことなく実現する。

・従来通り32対32の兵器歩兵混合の大規模拠点争奪戦。
・前作までとは違って、お互いポイントが0から始まり拠点を相手より多く取るほどポイントが速く増える。
・設定された時間(oβでは20分)のうちにより多くポイントを得る、もしくは先に規定のポイントを取ったチームが勝利する。
・試合が一定時間経った時、ある程度のポイント差で負けているチームはベヒーモス(巨大兵器)が使用可能になる。
・ベヒーモスはマップによって異なり、飛行船 装甲列車 戦艦などが登場する。

つまり、相手の拠点をいかに多く取り、より長い時間占領するかというゲームです。

チームデスマッチのように、相手を殺せばいいというゲームではありません。※重要

まず、このルールを念頭に置いておきましょう。

 

2.チームが勝つ為にあなたに出来ること

コンクエストで勝つためには拠点を数多く確保して、長い時間占領すればいいということはわかりました。

では、チームが勝つためにはあなたは何が出来るでしょうか。

 

1)数でゴリ押し、激戦区で敵を力で滅する本隊プレイ。

最前線で敵の集団と味方の集団でバリバリを撃ち合い、ゴリ押しで拠点を確保していく本隊プレイです。

他の役割をこなしている味方と違い、目的は目の前の敵を殲滅して前線を上げて拠点を確保することが目的ですので、立ち回りを含め、撃ち合いの強さが最も重要になってきます。

必ず必要な役割ですが、味方が多すぎると感じた場合は他の役割もこなしてください。

2)膠着状態を打破する起爆剤、裏とり戦法。

本隊が最前線でバリバリと撃ち合いしている際、ゲームが膠着する場合があります。

そんなときは地上車両に乗ったり、航空機からのパラシュート降下で相手の陣地に行き、拠点を取る・光らせることで、最前線の敵を相手の陣地に引き寄せることが役割になります。

最前線の敵が引いてくれば、本隊が最前線を攻略しやすくなり、一気に前線を押すことが出来ます。

また、相手の陣地に地雷などを仕掛けることも出来る為、相手のビークルを最前線に送る前に破壊することも出来るトリッキーなポジションです。

3)地味だが絶対に必要なポジション、拠点防衛。

拠点を取っても、守る人がいないとすぐに敵に取り返され、得るポイントも殆どありません。

多くの人は拠点を取るのが好きですし、取ったら拠点からすぐに誰もいなくなるというのは良くある光景です。

地味ですが、そういった取得した拠点を守る為、拠点の中から襲い来る敵を返り討ちにするポジションです。

ただ、拠点防衛は表彰されやすいので、試合終了後には一番報われるポジションでもあります。

4)最初が肝心!先発特攻兵。

開幕の中央拠点を取る為に、地上車両や航空機からのパラシュート降下で拠点を素早く取りに行く、速さが要の先発隊です。

敵も同じことを考えていますし、それをしてくるということは、クランなどのそれなりの猛者が相手になります。

ゲームの流れを決める重要なポジションです。

5)敵の裏とりを事前に防止、裏とり絶対殺すマン。

装甲車や裏とりに来る敵を絶対に殺すと決めた兵士、それが裏とり絶対殺すマンです。

拠点を取ったり、拠点防衛ポイントは入りませんが、味方の本隊が思いのままに戦うためには重要なポジションです。

敵の装甲車が通る道に地雷を設置したり、裏取りに来る敵をいち早く見つけて殲滅しましょう。

装甲車は地雷1撃ですし、装甲車を破壊しても破壊ビークル数にカウントされるので美味しいです。

裏とりに来る敵は基本少数ですので、多くの敵を相手にするよりかはマシですね。

6)ここは絶対通しません、通路封鎖。

こちらもMAPの穴を埋めて敵の拠点確保を阻止するポジションです。

通路は正面切って戦う場面が多く、置き待ち戦法が有効になるので、バイポを立てた援護兵が向いています。

場所を間違えると芋伏せオナ援護とバカにされるので、MAPをよく見ましょう。

7)敵を惑わすタクシードライバー、湧きポジ兵器。

装甲車で味方を敵の陣地奥深くに送り込むタクシードライバーです。

運転を極めた殺人ドライバーは敵を轢き殺すことを躊躇なくこなし、味方まで産み出す最強兵器になりえます。

敵の陣地に沸ける装甲車があれば、感謝しつつ敵の陣地の拠点を荒らしにいきましょう。

8)敵の戦車は許さない、絶対戦車殺すマン。

敵の戦車を倒すことに特化した兵士、それが絶対戦車殺すマンです。

地雷をまき、戦車に密かに近づき、対戦車グレやダイナマイト、軽量対戦車グレを容赦なくぶつけてくる戦車兵の恐怖の存在です。

彼は親を戦車に殺されたのでしょうか。

ちなみに、地雷+対戦車グレネードと軽量対戦車グレネードを装備するのが最も戦車を破壊しやすいです。

常に地雷は撒いておき、敵の戦車を見かけたら側面から近くに地雷を設置しに行き、地雷を巻きこむ形で対戦車グレネードを投げれば重戦車でも沈みます。

距離の関係でもし1撃出来なかったとしても、即座に軽量対戦車グレネードを投げればOKです。

9)空からチクチクうざいんじゃ、対空粘着援護兵。

リペアツールを持ち、対空砲で航空機をひたすら撃ち続ける粘着援護兵です。

空砲を壊してもリペアツールで即座に直し、また粘着してくるという航空機乗りの最大の天敵。

また、M1917望遠などのLMGでも航空機にダメージを与えられる為、対空粘着援護兵が二人もいれば、敵の爆撃機はマトでしかありません。

10)分隊を無限に産み続ける!自分が兵器、肉ビーコン。

裏とりに成功した兵士が進化する、分隊を産むために隠れ続ける肉ビーコンです。

分隊は自分が生きている限り、無限に湧き続けることが出来る為、見つからなければ敵の拠点をひたすら襲い続ける兵器と化します。

ただ、かなり暇なのとポイントが旨くないので、敵の陣地に地雷を設置して戦車を破壊することも同時にすると更に敵の脅威となれます。

11)撃ち合い苦手でも大丈夫、天使&弾薬プレイ。

初心者におすすめの、天使&弾薬撒き兵士です。

注射器とポーチ、スモークを装備した看護兵でひたすら味方を蘇生&回復させ、前線を崩れないように守る。

また、ポーチと箱とスモークを装備した援護兵で、ひたすら味方に弾薬を撒き続けて全体の攻撃力をアップさせることが出来ます。

それだけでMVPになることも出来ますので、撃ち合いが苦手という方はぜひ。

12)ビークル極めて圧倒的驚異、ビークル専。

ひたすらビークルに乗り続け、そのビークルを極める変態プレイヤー。

特に戦闘機の★100なんかは、もう手が付けられず、そのプレイヤーがいるだけで試合がほぼ決まってしまうような驚異になれます。

BFのいいところは撃ち合いが苦手でも活躍出来ること。

ビークルを極めるのもありですね。

13)味方戦車を無敵要塞に。我こそは修理奴隷!

リペアツールを持ち、常に味方の戦車の後ろで修理し続ける修理奴隷。

味方戦車は敵の戦車からダメージを食らっても即座に修理され、怯むことなく突き進むことが出来る、勝利を呼び込む最高の奴隷。

ただし、敵は倒せないし画面は戦車のお尻だしで爽快感はない。

だけども貢献度はピカイチなので奴隷向きの方はぜひ!

14)ちょっと味方仕事して!MAPの穴埋めマラソン兵。

ひたすらMAPの穴を埋める、常に胃が痛い尻拭いプレイヤー。

裏とりされるなら地雷を撒き、通路ががら空きなら援護兵で蓋をする。

誰も裏とりしないなら裏とりにまわり、誰も拠点に入らないなら命がけで拠点に入る。

そんな勝つためには何でもするという胃痛プレイヤーです。

お疲れ様です。

3.絶対にNG!切腹モノの戦犯行為

知らないとやってしまいがちですが、やってしまうとチームの勝敗に大きく関わるほど重大な戦犯行為があります。

これだけは絶対に絶対にしないようにしましょう。

あなたのせいでチームが負けます。

 

1)破壊されそうだからといって戦車などのビークルから降りる

戦車などが破壊されそうだからと戦車から降りると、相手に鹵獲(奪われる)される危険があります。

お互いに戦車の枠が2つあるMAPで奪われてしまった場合、味方は1つの戦車の枠で戦い、敵は鹵獲戦車を含めた3つの戦車枠で攻めて来ることになります。

しかも、相手に奪われた戦車が破壊されるまでは戦車枠が復活しないので、敵が陣地に引っ込んでしまうと、その試合中ずっと戦車に蹂躙されます。

完全にあなたの責任でチームが負けることになりますので、これだけは絶対にしてはいけません。

もちろん航空機も同じく鹵獲される為、重罪です。

 

2)巨大兵器の操縦席に座っておきながら「拠点に入らない」

負けチーム側に出てくる巨大兵器は逆転の目にありうる貴重な存在です。

敵を殺す為の兵器ではなく、その硬さを活かして拠点を取る為の兵器です。

例えばAMIENSのMAPでは、線路上のCとDの拠点を装甲列車で確保出来ます。

この場合、味方陣地から出てきた巨大兵器の1番席の操縦者は、D拠点に向かい、拠点を確保することが使命になります。

なのに、味方陣地の奥のほうでひたすら榴弾戦車砲を撃っているだけの操縦者、これは完全に戦犯です。

何度も言いますが、巨大兵器は基本的に敵を殺す為の兵器ではなく、その硬さを活かして拠点を取る為の兵器です。

攻撃する前に、拠点を取ることをまず考えましょう。

 

3)装甲車などの地上車両で拠点の各駅停車&乗り捨て

装甲車などの地上車両は、基本的に開幕の中央拠点への兵士の送迎、または裏取りの為の車両です。

例えばAMIENSのMAPでは、重要拠点のCとDの拠点に開幕で素早く兵士を送り込む為に重要になってきます。

これを、地上車両の運転手になったのに味方陣地から一番近い拠点を確保するのに停まったりすると、その間に相手に中央拠点を確保され、当分の間は劣勢が続きます。

開幕の地上車両は中央拠点の為にあると考えてください。

 

また裏取りに出かけたりした際に、地上車両をその辺に放置して乗り捨てした場合、敵に鹵獲される危険があります。

ビークルで学びましたが、地上車両も相手に鹵獲されると、破壊されない限りは味方陣地に湧いてきません。

そうなってしまうと、相手は裏取りにくるのに、こちらは車両で裏取りが出来ず、ひたすら押し込まれて負けるということが起こります。

もし降りるときは、車両を破壊するか、MAPの戦闘範囲外に置くことにしましょう。

もちろん乗り続けて、味方の湧きポジになるのも大正解です。

 

4.参考になる立ち回り動画

参考になる立ち回り動画を紹介します。

 

もっと見たいという方は、こちらの記事も参考にしてください。

5.ゲームに勝つためにはチームとして戦うこと!

コンクエストはチームで戦わないとどうにもならないゲームです。

自分に出来ることを考え、ゲームに勝つ為に最も重要なことを実行しましょう。

BFVのクランを探していませんか?

BFVで一人はキツイという方、クランに入ってみませんか?
こちらのページでは、メンバー募集をしているクランを紹介していますので、自分に合うクランを探して応募してみるといいですよ。
ガチプレイもネタプレイも、仲間が入れば楽しくなること間違いなしです。
メンバー募集をかけたいクランの方も是非。

 

更新したらTwitterで通知します

おすすめの記事